キーワードをどこに書いていた

 キーワードをどこに書いていたのか、ご自分で研究するための材料にしましょう。自分で色々と考えていると思わぬ発見をしますよ。例えばキーワードの比率、世間では様々な事が言われていますが、けっこういい加減です。信用できるのは嫌な奴ほど良い人ださんが作られたサイトだけです。

 先ほどグーグルで確認したところ、マニアックスとサプライズが上下に並んでいました。片方が上がると片方が下がる傾向がありましたが、何とか今の状況が維持できるといいのですね。私は最近、本業の方が忙しくてネットまで手が回っていません。というか、やる気が起こりません。その上ヤフーに嫌われ、メインサイトのトップページが検索結果に表示されなくなりました。

 何とか手を打たないと、と思う気持ちと、新しい方のサイトを完成させないと、と思う気持ちと寒さから来る疲れで、どうでも良いや、という気持ちが入り混じっています。本業が忙しい時期は今年の6月頃までの予定なので、それを過ぎないと本格的なサイト作成は難しいな、と思っています。雑談終了……あまり意味がなくてごめんなさい。

 作成されたファイルを下記アドレス宛に添付形式で添えて、送って下さい。本文には適当な文章を書いてくださいね。何も書かないと迷惑メールのフォルダに入り、私まで届きません。私宛にメールを送ったらすぐに、圧力鍋-加圧みたいな感じで絵、ご自身が加入されているプロバイダーのメインサイトを探してください。

 メインサイトにたどり着いたなら、多分ホームページ作成用のアカント(自分だけが利用できるネット上のスペースの意味)が取れるはずですので、申し込んでください。申し込む時には契約した時の書類が必要になるかもしれません。予めご用意しておくことをお勧めします。

 プロバイダーでのアカントが難しいようであれば「腕時計の通販」と検索し、適当なレンタルサーバーを探してください。広告が表示されますが、使えないことはありません。

 ヤフーがドメイン年齢を加味するように変更したのは間違いないようです。ですので将来的なことを考えて、オリジナルドメインを今のうちから取得し、寝かせておくのもひとつの手でしょう。私もひとつ登録し、東大阪で一戸建てならリバーストーンみたいな感じでインデックスだけアップしています。

私の薄毛対策